車の買取と下取それぞれのメリット

>

買取のメリット・デメリットについて

車の買取のメリット

専用の車の一括査定のサービスや複数店舗をまわることによって一番高く売れる中古車買取業者が選ぶことが出来ます。
輸入車など買取業者の得意なブランドの方が、高めの値段をつけてもらえるようです。
中古車買取業者は、中古車の売買が専門ですので、最新の相場や査定ポイントを把握していてノウハウも豊富です。
ガリバーなど全国に支店がある店舗では、自社で販売網を整備していますので、回転率も早くすぐに売買ができます。
人気の車種や装備なども考慮してもらえますのでプラスの材料になります。
出張査定をしてくれる業者もありますので、手軽に査定も出来ます。
下取の場合は、代行・査定費用がかかりますが、買取の場合はもちろんかかりません。
また、買取店で得たお金の使い道は自由です。

車の買取のデメリット

買取と販売店のどちらも手続きが必要ですし自分で査定をしますので、手間がかかります。
業者毎に査定金額は異なり、時期によっても変わります。
相場変動は激しいので、売却時期によっては低めの査定になりことがありますので、気を付けましょう。
インターネットから車一括査定のサービスを利用する場合は、申し込み後に電話勧誘があります。
査定の申し込みをした何社かの業者からアポを取るために、電話がかかってきますので、査定の日を決めなくてはなりません。
複数社での競合ですので、電話での対応やスケジュール合わせは労力がかかります。
インターネットでの個人売買の場合は、トラブルを避けるため、普通のフリマアプリではなく、代金を徴収してもらったり名義変更をしてもらえるような専門のサービスがあるところで売買しましょう。


この記事をシェアする