車の買取と下取それぞれのメリット

>

車の買取と下取どちらがお得?

車の下取のメリット

車を購入・下取が同時に出来るので手軽だということです。
売却に必要な書類渡せば購入・売却の手続きが一度で終わります。
納車の日や引き渡しの日も同時に決めれますので、新車の納車の日まで元の車に乗ることもできますので、車のない期間がないのも助かります。
人気のない車種で値段がつきにくい場合でもある程度の値段での下取をしてくれることもあります。
同じメーカーの車の乗り換えならば、査定額が少しプラスしてもらえます。
全て担当者にお任せすることが出来ますので安心できそうですね。
仕事やプライベートが忙しく時間がさけない人や引き取ってもらえれば満足という人にはおすすめします。
しかし、相場を調べて査定額だけでも把握し、下取査定が難しければその分諸経費などの値引きを交渉するのはいかがでしょうか。

車の下取のデメリット

中古車の相場に合わせてもらえないので、買取店よりも査定額は低くなります。
営業マンは、ノルマである利益目標のために値引きはしたくないですよね。
その為、下取額を見積もりにのせて下取価格と値引き価格を合計して、それぞれの詳細の金額をわかりづらくしている場合があるようですので、分けて提示してもらうことが必要です。
営業マンは新車を売るのが仕事で、下取では成績にはなりませんので、下取査定に対してはあまり熱心ではないのです。
販売ディーラーでは、同じメーカーなら考慮してもらえても別のメーカーの車は査定が低くなります。
人気の車種やパーツ、高価なカーナビなども評価されないのでプラス査定にはなりません。
下取の代金は全て購入する車の支払いとなりますので、自由にはなりません。


この記事をシェアする